huanhuanのブログ

不安神経症

患者数


320万人を超えたらしい。患者数というより、精神科心療内科にかかったことがある人数か。40人に1人。一瞬多いなと思ったが考えると、学校でいうとひとクラスに1人。それに選ばれてしまったのか!
という絶望がよぎる。明らかにやべー奴がいっぱいいたのに。。平々凡々、どこにでもいるちょい馬鹿なのに選ばれてしまった。


疑問に思ったのは認知症と薬物アルコール依存は精神疾患の枠なのかということ。








狭間

神経症と鬱の狭間を歩いてる気がする。嫌な記憶を延々と反芻している。自分で自分を苦しめてるのだ。


これ読みたい。



第1章自分を受け入れてもらえなかった時ー失恋、いじめ、拒絶体験
第2章誰とも繋がっていないと感じる時ー孤独

第3章大切なものを失った時ー喪失、トラウマ
第4章自分が許せなくなったときー罪悪感
第5章悩みが頭から離れないときーとらわれ、抑うつ的反芻
第6章何もうまくいかない時ー失敗、挫折
第7章自分が嫌いになってしまったときー自信のなさ、自己肯定感の低下





鬱々と

個人輸入でサプリと抗不安薬を買った。ほんとはサプリだけにしたかったが抗不安薬も買ってしまった。バスパーというもの。良くない、きっちり医者に見てもらうのが正しいのだが。ベンゾジアゼピンは最高の効果があるが飲みたくない、そうなると非ベンゾジアゼピンの抗不安薬という選択肢になるが、これが少ない。ほとんど2、3種類くらいしかない。そうすっともういっか個人輸入で、となってしまった。このバスパーってのは日本では認可されてない。なぜか、というと、効果が弱すぎるから。珍しいと思う。普通は危険度を予想するが逆である。効果がないから認可されないのである。


ベンゾジアゼピンはより強力でより危険である。その危険性については検索すればいくらでも出てくる。ベンゾジアゼピン薬物乱用というwikiもあるくらいだ。


どれくらいやべえかというと、


ベンゾジアゼピン離脱症候群の深刻度は、テマゼパム中毒者が以下に語っている[33]。
私であれば、ヘロインを断薬するほうを選びます。私がベンゾジアゼピンから離脱しているときに、あなたがヘロイン20mgとジアゼパム20mgのどちらかを提供するならば、私は常にジアゼパムを選ぶでしょう。私は人生の中で、(離脱症状のため)これ以上に脅えていた期間はありませんでした。


それでも言おう、レキソタン最高だと。個人輸入で買えるもんなら買うと。


それくらい不安におびえているのだ。底知れぬ不安感。



そんなこんなで在宅ワークなるもんに手を出した。




44円稼ぎました。